外車に乗る心得

車に少しでも関心がある方なら「外車は壊れやすい」なんて言葉を耳にした事があるのではないでしょうか。

確かに、四季がハッキリしていたり、湿度が高かったりと、海外基準で生産された車にとっては過酷だったことでしょう。しかし、現在はグローバル社会。ほとんどの自動車会社が世界を視野に入れ、日本以上の、それこそ極端な環境での試験をクリアさせています。

すなわち、外車が壊れやすいというのはすでに迷信となっているのです。

もちろん、全く壊れない、国産車の様に簡単な故障も無いなんてことはありません。

消耗部品の交換サイクルは日本車の半分以下と頻繁に交換しなければなりません。それを怠れば故障してしまうでしょう。

結果、外車を乗る場合は、日本車のイメージを払拭し新たな価値観を持って乗るべきでしょう。そうすれば、壊れてもこういうもんだと開き直れますからね。何事もポジティブシンキングでいきましょう。

車を売るときにも特に問題なく売ることができます。外車は売りにくいというイメージがあるかもしれませんが、外車専門の買取業者に依頼すれば大抵の外車は買取してもらえます。

ということで外車に乗るときの心得は、外車についてしっかりと理解してから乗るということになります。そうすれば特に問題が生じることは無いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>