誰が割っても割り箸がきれいに割れる方法を知っていますか

買って来たお弁当を食べる時って割り箸を使うと思いますが、なかなかきれいに割れませんよね。
そんな訳で、溝に沿ってきれいに割れた時は、とても気持ちが良いものです。
でも、大抵は片方が太くなって、もう片方が細くなります。
では、どうすればきれいに割ることができるのでしょう。

割り箸は、木に走っている繊維方向と割り箸にするときのカットの向きが違うと、きれいに割れないことがあるんです。
そんな割り箸をきれいに割るには、箸を横向きに持ち、下側の箸を持つ手を固定し、もう一方の手で上側の箸を持ったら、そのままゆっくりと上に引き上げて割るだけです。
箸を縦に持ったり、素早く割ったりすると、真ん中の溝ではなく木の繊維に沿って割れてしまいます。
箸を横に持ってゆっくり割ると、力が均等にかかるので、溝に沿って割ることができるのです。

そういえば、以前マナーの勉強をしたとき、割り箸は横にして割るものだと教わりました。
マナーの面でも美しく、きれいに割れるこの方法、ぜひお試しあれ。シースリー 熊谷