スポーツカーは男のロマン

男なら一度は真っ赤なスポーツカーに乗りたいと思うはずですが、私もスポーツカーを颯爽と乗りこなしたいと思いながら今まで長い月日を過ごしてきたのです。昔からフェアレディZに憧れを持ちいつかは乗りたいと思いながら今まで夢を現実にできませんでしたが、最近になってようやく自分の車にすることができたのです。

思えば憧れを抱いた時から25年以上の時間が経ちましたが、何時かは乗りたいと思った車に乗れることを幸せに感じています。もちろん憧れたZと現代のZでは全く同じ車ではない訳ですが、それでもZという響きはいつまでたっても変わらないと思っています。

誰にでも好きな車やかつて憧れた車があると思いますが、男なら夢を叶えるのもロマンなのではないかと思います。最近では毎日の通勤も楽しくて仕方がないというほど、Zと共に最高のカーライフを送ることができているのです。

車を変えるだけでこんなに気持ちの持ち方が変わるなんて正直驚きでした。少し高い買い物でしたが、人生に彩りを添えてくれたことに感謝しています。これからもこの車に愛着をもって乗り続けていきたいと思います。

いつの日かこの車を買取に出す日が来たとしても、キレイにそして大事に乗ったんだという誇りをもって売りに出したいと思います。